お城ニュース

イベントや現地説明会など全国のお城に関連するニュースをお届けします

お城ニュース

日本全国のお城についてのニュースをお届けします。

【〜6/30、上越】上越市立歴史博物館で「御所参内・聚楽第行幸図屏風」が展示公開

2008年(平成20年)に上越市内の個人宅で発見された「御所参内・聚楽第行幸図屏風」が上越市立歴史博物館で3年ぶりに展示されます。
この屏風は左右2枚、六曲一双で、豊臣秀吉が築いた聚楽第へ当時の後陽成天皇が行幸している様子を描いたものとされます。

期間:
4月1日(月)〜6月30日(日)

場所:
上越市立歴史博物館
(上越市本城町7-7)

公式サイト:
平成31年度 逸品展示 御所参内・聚楽第行幸図屏風 - 上越市ホームページ

屏風絵とその解説は以下の書籍に詳しく載っています。ぼくも持ってます。

【バーゲンブック】 秀吉の御所参内・聚楽第行幸図屏風

【バーゲンブック】 秀吉の御所参内・聚楽第行幸図屏風

 

なお後陽成天皇の聚楽第行幸は豊臣秀次のときにもおこなわれており、この屏風で描かれているのが1588年(天正16年)の秀吉のときの行幸かどうか、疑問視する声もあることは付記しておきます。

「御所参内・聚楽第行幸図屏風」の疑問

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する